パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ アルス ノヴァ

パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ アルス ノヴァ

三年のAです」「そうなのか? オレも三年だ」「そうでしたか

奉仕屋の部員さんですか?」「いいや、ワケありで顔を出してるだけだ」「それはご苦労様です」 と、また愛想良くペコリと頭を下げる、そんな彼に、優樹は「あの……」と戸惑い気味に切りだした

「昨日、部員から話を聞いたんですけど……」 小島は頭を上げると、ぎこちなく笑って視線を逸らした

「はい……

あなたも好きかも:パチンコ 正社員 求人
そのことで来たんです」 沈んだ様子で一旦言葉を切ったあと、俯き掛けた顔を踏ん張らせて笑顔を取り繕った

あなたも好きかも:静岡市 パチンコ 優良店
「こんな状況じゃ、手間を取らせてしまうだけなんで……なんとか話し合ってみます

昨日は焦って……もしかしたらって思ったんですけど

違うってわかっただけでもホッとしたし

僕の思い過ごしかもしれないんで」「危険はないんですか? ……昨日聞いた話では、すごく……危ないって」 不安を交えた真剣さでじっと窺うと、小島は寂しげな笑みを浮かべた

「……友達ですから

気に障ることを言っても、僕には何もしないって信じます

……止められるって、信じてみます

……なんとか僕一人で掛け合ってみようと思って

ですから、このことはもう、忘れてください

すみませんでした」 深く頭を下げられて、優樹は「……で、でも」と戸惑いを露わに目を泳がせた

「無理、しなくていいですよ? ……私たちは全然構わないですし

困ったことがあれば、出来る限り助けになりますから」 ――弥生の“予言”もあったことだ

ジャック以外の事件は昨日で終わったのかもしれないが、ナイフという単語を聞いているからには放っても置けない

 不安げにそっと窺うと、小島は笑顔で首を振った