スロット ボンバーガール

スロット ボンバーガール

だが今回のように会場が屋外となるとそうすることは極端に難しくなる

なにせ屋外であるためにどこからでも侵入できてしまうのだ

そうなってくると相当数の人員を導入しない限り人の侵入を防ぐというのは難しくなってしまうだろう

あなたも好きかも:ラオウ パチスロ
それだけの警備員を動員できれば話は早かったのだろうがそう簡単に行くわけがない

金に物を言わせればそう言うこともできるのだろうが奏はそこまでするつもりはないようだった

というより、康太と文がいればそこまでする必要がないと予想しているのだろう

あなたも好きかも:スロット 東京 最大
高く評価してくれる分にはありがたいのだがその分ハードルが高くなっているという事を奏はどれだけ理解しているだろうか

まだ未熟者である康太たちにとってはその期待は重荷でしかない

「文ならどうする?単純に徹夜で見張るっていうのじゃまず間違いなく上手くいかないぞ?」「でしょうね

あなたも好きかも:5.9号機 スロット 一覧
どのタイミングで起きやすいのかっていうのも聞いておかなきゃ・・・とりあえずは情報収集から始めてそれに応じて対応策を考えましょ

必要なら私がちょっと苦労すればいいだけの話だし」「・・・いつもいつも苦労を掛けるねお前さん」「・・・それは言わない約束でしょあんた・・・ってなんでこんなこと言わせてんのよ」案外ノリがいい文に苦笑しながら康太と文は一度別れて情報収集を行うことにした

対象はライブ会場にいるスタッフ

しかもバイトではなくそう言った関係の業者の人間だ

暗示を使える二人であればそれらを聞きだすのはそこまで苦労はしない

リハーサルが続く中、康太と文はライブ会場の観客席の一角で昼食をとりながら集めた情報を互いに交換していた

と言っても互いに集められた情報はほとんど同じものだった

音響関係、照明関係、そして衣装関係、責任者等々、話を聞いた人間はそれぞれの業種の者たちだがどれも大体同じような回答を得ることができた