羽川 スロット

羽川 スロット

あなたも好きかも:前橋 富田 パチンコ
 仕事の多様性からその意味合いは察することはできるが、四桁ナンバーの宿舎においても、それなりに少数だ

しかも、仕事があれば出て行くので、多くても十人いるかいないか、といったレベル

暇を持て余すというよりも、むしろ、誰かと何かをすることは少なく、そのぶんトラブルもない

訓練がサボれる――なんて思ったこともあるが、その結果として回された仕事に失敗でもすれば、そのまま死に直結するのだから、いかんともしがたいのだが

 しかし、問題となるのが食事だ

人数が少ないこともあって、大なべで大量生産、美味くはなく食えないこともない、カレーの日が一番ほっとする、白米だけが腹にもたまった安心だ、なんて言われる食堂がここにはない

あなたも好きかも:氷川台 ぱちんこ
それなりに保存が利くものや、彼ら軍人にとっては量が少ないと言われる――味はいいんだが――いわゆる、一般的な弁当などが購買で売られており、それを食べることになっている

 金銭そのものは、問題ではない

あなたも好きかも:ブラックジャック まんが
こと少数の六○などは、サイン一つで買い物ができて、あとは自動引き落としだ

海兵隊訓練校時代とは違って、仕事の報酬は自由に使えるため、紙幣やカードも所持している

さすがに無断で夜飲みにでかけることは問題になるが――まあ、それなりに使い道もあった

 ともかく、食事である

量が多かろうが少なかろうが、それは食べる側が決めればいい

けれど一年もすれば、選択する幅が非常に狭いことにも気付くし、現実的にはそうでもないけれど、毎日同じようなものを食べている気分にもなる

 いつものように、十分ほどですべて平らげてしまったシシリは一人、食堂とは名ばかりの歓談場にて、自分で落とした珈琲を飲んでいたのだが、そんな折に、東洋人が一人で顔を見せた

「お――よう、シシリ

二人か?」「馬鹿じゃねえの、ケイミィ

あたしの隣に誰がいるってんだ」「ジョークに対して真面目に返すな

あとケイミィやめろ、ジンジャー」「うるせえな、学がねえのは承知してるっての