747 パチンコ

747 パチンコ

「・・・・・・どっちもどっちだと思うがな?」 小さく呟かれたその言葉だったが、しっかりとふたりには届いたらしく、揃ってその視線をフローリアへと向けて来た

「な、なんだ?」「「人のことをとやかくいえる立場かの(ですか)?」」「言えないな」 ふたりからにらまれたフローリアは、すぐにそう答えた

 そして、その三者のやり取りを見ていた考助はといえば・・・・・・

「なんだか、ひどい言われ方をしている気がするんだけど?」 といったものの、それに答えを返す者はなく、ひとり寂しい思いをしていた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ シュレインがクラーラと交神をした翌日、考助は早速神域を訪ねていた

「よく来たわね

あなたも好きかも:bs cs パチンコ 番組
話は聞いているわよ?」 そういって出迎えたのは、アスラだった

 考助が神域へと送還陣を使ってくる場所は、アスラの屋敷に固定されているので、必然的に最初に出迎えるのはアスラということになる

「昨日の今日なのに、話が早いね」「なにを言っているのよ

あなたも好きかも:パチンコ フェスタ 洲本
考助のことに関しては、すぐに情報を上げるように伝えているもの

これくらいは当然よ」「えっ!?」 そんな話は欠片も聞いたことが無かった考助は、驚いてアスラを見た

 その考助の反応を見て、アスラは可笑しそうにクスリと笑った

「半分は冗談だけれどね」「・・・・・・半分?」「そう、半分

あなたも好きかも:オンライン カジノ まとめ
考助の話がすぐに伝わってくることは本当

でも、わざわざ命令しなくても伝わってくるわね」 むしろ考助にとっては悪くなっている情報に、話を聞いた当人はげんなりとした顔になる

「そんな顔をしないの

いまこの神域では、あなたの噂話が一番重要な情報になっているのよ」「それ、むしろより悪くなっている気が・・・・・・」 神域での自分の立場を理解している考助ではあるが、それでも大げさな気がしてならない

 檻の中にいるパンダになったような気がした考助が、ため息をついたのも仕方のないことだろう

  考助がアスラとあいさつ代わりの会話をしていると、部屋のドアがノックされた