パチンコ 設定変更 タイミング

パチンコ 設定変更 タイミング

ボクのこと、守ってほしいんだ」 クルシアの笑顔とその言葉にハートがズキュン

 今までは軽く流されていただけに、頼ってくれるその一言に天にまで昇る想いである

あなたも好きかも:akb48 パチンコ
「任せてダーリン! ダーリンの全ては私が守ってあげるぅーっ!!」 この道化の王冠(クラウン・クラウン)は、あくまで共存関係が前提の組織

 大人しくしていろという条件には、おそらく襲われても抵抗できないということがあり、裏切り者が出ないでもない

 実際、今大人しく抱きつかれているのも、その一つ

 だから完全に都合の良い女になっているリュエルは使いやすい

 常にクルシアの側にいたいと望むだろうし、惚れている人間に対し、守りたいと本能的に考えて行動するのだ

 リュエルの性格上、クルシアのためなら敵と認識したものに一切の容赦などない

あなたも好きかも:パチンコ 釘調整 禁止
「というわけだからさ、ドクター

あなたも好きかも:パチスロ 閃乱カグラ 朝一
この契約魔法、解いてくれない?」「任せて! 私があの銀髪ビッチを――」「やめろ、この発情兎

リリア・オルヴェールを殺すことは許さん」「貴方に言われても――」「ボクからもお願い♡ 彼女はまだ利用価値があるからさ」「で、でもぉ……」 クルシアから利用価値という言葉が出てきたとはいえ、面白くないのも事実

 不貞腐れていると、「大丈夫さ

ボクが君を裏切ったりなんかするもんか

それとも……ボクのこと、信じられない?」 優しくそう尋ねられると、リュエルの脳内で都合良く解釈される

「はぁ〜ん!! 信じられますぅ! わかりました

利用価値があるあの道具女は殺しません!」「わかればいいんだよ! 愛してるよぉーっ!!」「――きゃああああーっ!!」 ギュウっとハグをすると、興奮状態のリュエルはオーバーヒートを起こし、気絶し沈黙する