パチンコ店 明治

パチンコ店 明治

 みんな今のユウに感心したらしく、熱い眼差しを彼女へと向けている

 私や木之本君は見慣れた光景なので、特にどうという事もないが

「さて、次はどっち?」「右へ行って

あなたも好きかも:閉店後 パチンコ 掃除
突き当たりまで行ったら、階段を下」「了解」 その視線に照れたユウは、スティックを背中のアタッチメントに戻し先を急ぎ出した

 謙虚とでもいうのだろうか

あなたも好きかも:鬼浜 スロット
 自分の力は知りつつも、それにおごらない彼女の態度

 私がユウを好きな理由の一つ

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ st
 オフィスに戻り、個室でさっきまでの報告書を書いていた

 その報告書に書き込まれない活躍を見せた少女の姿は、ここにはない

 おっとりした人の多いこのガーディアンズに新鮮な空気を入れて欲しくて、私が呼んだだけなので

 今は何人かを連れて、トレーニングをやってくれてるはずだ

「……ふぅ」 電子サインを入れ、DD(デジタルディスク)にプロテクトを掛ける

 後は生徒会自警局とガーディアン連合へ提出して終わり

  机に積んであるDDをワイヤレスでリンクさせ、中身をチェックしていく

 訓練レポート、合同訓練計画表、各種スケジュール、運動部警備人員、シフト表……

 全部出来ている

 私だけの仕事ではないが、最終チェックはここのリーダーから任されている

 基本的に事務方の人間なので、こういうのは得意なのだ

 先輩もそれを分かって、私にやらせてくれている