パチスロ 賭博

パチスロ 賭博

おそらく、この戦いで最も戦意の高い軍勢に違いない

それには、ミオンがベレルにとって思い入れの少ない国だという事実も大いに関係しているのだろうが

 ルシオンにとっては、長い間同盟関係を結んでいた国なのだ

士気が上がらないのも、無理はなかった

それでも自軍に死者が出たとなれば、引くに引けなくなり、戦意も上がるものだ

なんとしてでもこの戦いを終わらせる必要がある

「こちらから地下に続いているようですが」「ふむ

あなたも好きかも:10betjapan
行ってみよう

外へ通じているのかもしれん」 リノンクレアは、ソニアに促されるまま、王宮の地下に降りていった

あなたも好きかも:大阪 パチンコ 営業してる
そして、辿り着いたのは地下通路であり、その狭い空洞に満ちた血の臭いに気づき、部下を集めた

通路の途中に、マルス=バールの死体が転がっていた

 無残に切り刻まれた死体は、彼がこの国の宰相であるという事実さえも忘れさせた

「酷いことだ」 リノンクレアは、マルス=バールという人物が嫌いではなかった

情熱を持ってミオンの再生に当たり、全生命を賭してでも成し遂げるという覚悟があったのだ

彼は、決して悪人ではなかった

このような仕打ちは、あんまりだと思ったが、かといって彼が自分たちを殺害しようとした事実も消せないものであり、彼女は、マルス=バールという人物の不可解さに眉間の皺を深めた

 死体は、マルス=バールひとりだけではなかった