パチンコ 台パン 警報

パチンコ 台パン 警報

 しかし麾下部隊への命令はあくまでも「警戒防御」であり、わずか1個連隊の騎兵(普近衛竜騎兵第1連隊)による決死の突撃で、2個師団の仏戦列歩兵は元の散兵線へと引き返したのでした

 しかもこの攻撃で西側に普軍の「大軍」がいるのではないか、との恐怖心が湧いたラドミローは、付近の騎兵部隊を集めて西へ向かわせ、歩兵にはなんと警戒しながらの食事休憩を与えたのです

 こうして、バゼーヌ率いる15万の仏軍主力が普軍の西側へ突破する機会は失われました

あなたも好きかも:チーパオ スロット
 バゼーヌは、 1・まず、ポンタ=ムッソン~アル=シュル=モセル間に展開していると思われる独「中軍」の北上を阻止し、 2・この独軍をモーゼル河畔まで押し戻して粉砕、 3・この後、メッス要塞に若干の守備兵を置いて、独「北軍」に備え、 4・本隊はベルダンへ移動

 との青写真を描いていたのではないか、と言われています

 このため、その第1段階として、「北西側(仏軍右翼)は守勢で、南東側(仏軍左翼)では攻勢を」採ろうとし、第2段階として「右翼側の第4軍団、続いて第3軍団を次第に南向きにして守勢から攻勢に転換、南から攻める敵を押し返す」作戦を考えたのでした

 しかし、この意図は麾下軍団長に伝わらず、また従順とは言えない部下の、やる気の見えない采配により消極的な防戦一方となり、半数以下の普軍に抑え込まれるというお粗末な結果を迎えたのです

あなたも好きかも:パチンコ 麻雀物語 さやか
 このバゼーヌの「失態」が普軍を助けたことは確かで、普軍は大本営も第二軍本営も「仏軍は既にムーズ川付近に接近しているはず」との「思い込み」で作戦を実行し、もう少しで取り返しのつかない失敗(=第3と第10軍団の壊滅)をするところでした

あなたも好きかも:北斗 無音 スロット
 これは広範囲の偵察を少数の騎兵に任せ切りにして、その報告を上手く「読む」ことが出来なかった参謀部の責任でしょう

 この絶体絶命の危機を救ったのが「敵」と言うのも皮肉なものですが、もちろんそればかりでなく、大きかったのは普第3軍団長コンスタンティン・フォン・アルヴェンスレーベン中将の積極果敢さだったのです

 C・アルヴェンスレーベン将軍は、仏軍が自軍団より数倍の大軍であることを認識した後も攻撃の手を緩めることなく、退却することもありませんでした

その敢闘精神は、最初から「受け身」の心情だった仏軍の指揮官たちに「普軍はすぐにでも増援が到着するのでは?」との不安を与えたのでした

 更に第10軍団長のフォークツ=レッツ大将は、轟き連続する砲声を聞くと迷わずその方向へ馳せ参じ、散っていた自軍団を速やかに戦場へ召集させようと努めるのです

 この行動の結果は大きく、仏軍の戦線を西へ延長させたことで第3軍団への圧力を減らし、その危機を救いました

 同様に第8軍団のゲーベン大将も状況判断から独断で前衛(第32旅団)をモーゼル西岸へ送り込み、第3軍団の第5師団を助けたのです

 また、第16師団のモーゼル渡河を援護するだけでよかったはずの第18師団の第11連隊は、その勇猛な連隊長シェーニング大佐によって970高地まで進み、引き返せとの命令にも目前の激戦を見たからには、と進んで命令を無視、まるで三十数年後の「旅順」を思わせる戦場で戦い、多くが帰らぬ人となったのです

 この「ヴィオンヴィル/マルス=ラ=トゥールの戦い」では、再び普軍の「委任命令」と「共同責任」という独自のルールがものを言い、普参謀本部はそれを賞賛するだけで良かった、と言ったら過言でしょうか? いずれにせよ、上意下達という点においては普仏(違う意味で)共に失敗だった戦いと言えます