アイアンマン セントレア スロット

アイアンマン セントレア スロット

「昔のケンカした事を楽しそうに話せるなんて、羨ましいです」リリィは呆れながらも、本音を述べた

「若人が何を言っているんだか

ワシがアルセンと出逢ったのは、確かアルセンがまだ美少年の13か14の頃だから、リリィだってこれから親友に出逢うかもしれないだろう?」賢者の"美少年"という表現には全く驚かないが、考えていたよりは遅い"出逢い"には大層驚いた

「え?!そうなんですか!

私は、賢者さまとアルセンさまは、凄いちっちゃい頃からの「お付き合い」かと思っていました」11才のリリィの「お付き合い」と言う言葉に、ウサギの賢者は苦笑いしながら答える

あなたも好きかも:パチンコ max機
「いやいやいや、リリィ

一応アルセンは、王室とも繋がりがある、"大貴族"だからね

色々と世界が騒がしい時期でもなけりゃ、父上が国の宰相まで務めた、公爵の子息と軍学校で、出逢う事もなかっただろう」ウサギの賢者の"親友"であるアルセン・パドリックのご母堂は現国王ダガー・サンフラワーの従姉にあたる

あなたも好きかも:10bet カジノ
アルセン自身、本来なら貴族としての外交職でやっていけるし、その美しい"外面"は大いに国の役に立てることだろうと思えた

しかし、どういうわけだか十数年前に"幕を閉じた"、セリサンセウムの侵略大戦後に引続いた"大災害"鎮静後も、アルセンは「軍隊」に籍を置き続け、今や中枢の一部を担っている

ちなみにウサギの賢者は「軍隊」が大嫌いであった

「確かに今は、貴族と普通に逢うことなんて出来ませんもんね

あなたも好きかも:野並 パチンコ
私も優しい貴族"さん"がお祭りで、民にお酒を振る舞って楽しむのを見たことがあるくらいです」リリィが思い出したように、そう言った