戦場のヴァルキュリア スロット やめ時

戦場のヴァルキュリア スロット やめ時

 船の人間ではなく、このコルクの兵のようだ

「す、すみません、カナミ様

この話はもう少し後で……」 その慌しい様子から、僕は首肯して一歩下がる

 すぐに兵からの報告が行われていく

「西から例のモンスターがこちらへ向かってきています! 十体ではなく一体だけですが、それでも脅威です

あなたも好きかも:パチスロ ハードボイルド2
いま『サントコルク砦』にいる人員で迎撃を計画していますが、できればクロエ様の指示もお願いいたします」「あのモンスターがですか?」「はい

あなたも好きかも:パチスロ hey鏡 中段チェリー
スノウ様が迎撃に当たっていたはずなのですが、それでも撃墜漏れが出たようです

スノウ様のほうは、まだ戻ってきていません」「……冷静にことに当たりましょう

きっとスノウ様は一匹だけならば、私たちで対応できると信じてくれたのです

その信頼に応えましょう」 クロエさんは表情を崩さずに答えた

だが《ディメンション》の使える僕には彼女の動揺がわかる

いま、この街は危険にさらされている

 すぐに、兵の報告した方角にあわせて《ディメンション》を広げ――見つける

【モンスター】センチドレッドノート:ランク32 空を泳ぐ巨大な百足だ

 見たことのあるモンスターだと思った