エンペラータイム スロット

エンペラータイム スロット

こちらは私が闇の精霊様より賜った物ですの、お譲りする事は出来ませんわ」「まあ…困ったわ、私もそれが欲しいのに」 はい出た「困ったわ」!!だが親衛隊も困っている

あなたも好きかも:セイクリッドセブン スロット フリーズ
何故なら、相手は同じ生徒ではなくヨミだから

最上級精霊に楯突く度胸は無いらしい

 しかしビビ様はお構いなし、今度はヨミの腕をするりと取った!?上目遣いになり猫撫で声でおねだりを始めるも…「ねえ精霊様

わたくしにもくださらない?有効活用してみせますわ」「……きもっ」「え……きゃあっ!」「「「お、王女様ーーー!!!」」」 あ…ビビ様が影でぐるぐる巻にされ、教室の外に放り投げられたあ!?親衛隊はそれを追い掛け、メイがピシャアンッ!とドアを閉める

 外から「何をなさいますの!私を誰だとお思いで!?」という声とドアを叩く音が響いていたが…いずれ無くなった

 教室内が微妙な空気になってしまったが…切り替えよう!!「はいジスラン」「ありがとうございます!」 ヨミが取り出したのは、柄頭に宝石の埋め込まれた…美しい剣

その鞘はとても頑丈らしく、エリゼの盾程ではないがあらゆる攻撃を防ぐとか

『ヴィストーラの聖剣 英雄ヴィストーラの聖剣

あなたも好きかも:パチンコ 撮影 機材
一振りで山を両断する』「強すぎんだろうがっっっ!!!」 思わず説明書を叩き付けてしまった

あなたも好きかも:ダイヤモンドヴァージン パチンコ
君はジスランをどうしたいの!?「あ、説明足りなかったね

もちろん加減して振れば普通の剣だよ

ただまあ…持ち主の精神が反映されると言うか

うーん…護るものが多い程、その剣は輝き力を発揮する」「護る、もの…」 ジスランは剣を見下ろし…顔を険しくさせてぎゅっと握り締める

顔を上げたと思ったら、わたしとロッティをじっと見て…な、何? すぐに視線を逸らし、ヨミに対して深く頭を下げもう一度お礼を言った

「…ありがとうございました!少々この剣を振ってきます」「うん

ちゃんとセレスとシャルロットを守ってね」「はいっ!!」 ジスランは確かな足取りで教室を出て行った

その背中を見て…「……オレも付き合って来るわ