パチスロ リールが止まらない

パチスロ リールが止まらない

 それでもショウは、難なくそれらをかわす

 対照的に小谷君の息は上がり、拳も速度を落としていく

「玲阿君、反撃を」 蒲田君がそう言った途端、カウンターで小谷君の顎にショウの拳が突きつけられる

あなたも好きかも:パチンコ 期待値 副収入
 不利な体勢、かなりの距離、相手のブロック

 それらを意に介さない、模範のような一撃

あなたも好きかも:アイマス スロット 期待値
  実戦なら、結果は言うまでもない

「ちなみに彼なら、足を振って首を刈る事も出来る」「で、ですけど」「実力が違い過ぎるって?じゃあ自分より強い奴が暴れたら、そう言い訳する?相手が強くて、手出し出来ませんでしたって

遠野さん」「勝てないなら迷わず武器を使う

それを卑怯と思うなら、ガーディアンをやる必要もない

あなたも好きかも:パチンコ コーヒーレディ 消えた
例えば、今腰に下がっている警棒は何なのかという事」 淡々と答えるサトミ

  ショウは自分の上からどいた小谷君の肩に触れ、優しく慰めている

「普通のガーディアンなら、俺もここまでは言わない

ただこの子達は、そういう場面に出会う機会が多いから敢えて忠告した」「で、でも」「今度は、俺とやろうか」 キッチンへ行き、割り箸を持って戻ってくる蒲田君

  先が少し濡れている

「これをナイフと見立てる

君の服が濡れたら、切られたという事」「は、はい」「ちなみに俺は、大した腕じゃない

だからといって、油断もしないように」「は、はい」 身構える小谷君

 つま先立ちの、動きやすい構え