六番町 パチンコ

六番町 パチンコ

ちょっと呆けちゃったせいで時間が足りなくなってきたっすから、急がないと……!」 急がないと、このフーズヤーズ城の戦いが一段落してしまう

 最低でも地下の『血の理を盗むもの』と『火の理を盗むもの』の代理闘争が終わる前に動く必要がある

 私は服の裾を千切り、手に持った『ヘルミナの心臓』に巻きつけていく

布で出来た即興の鞘を腰のベルトにつけることで佩く

 そして、頭と胴体だけとなった死体を両手で抱き締める

「重い……っすけど、持ち運ばないとぱくられそうっすからね

魔石抜きするまでは、しゃあないっす

あなたも好きかも:リゼロ スロット 筐体
……いやあ、しかし、いま下にいる人たちがこれを見たら、どんな顔するかなーっす」 カナミは未だに最重要だ

 いま城で戦っている人たち全員の心の支えになっているのは間違いない

あなたも好きかも:アドセンス カジノ
 ――それは恐ろしいことに、死体でありながらも(・・・・・・・・・)、だ

あなたも好きかも:東区 パチンコ
 きっと、この死体は奪い合いになるだろう

 そして、それこそが本当の――「――さあ、始めるっす

本当のフーズヤーズ城攻略戦を――」 私はカナミを抱き締めたまま、一歩ずつ屋上の縁から遠ざかる

 後退し後退し、中央にある吹き抜けの穴まで移動し、 ――背中から落ちていく

 黄金の光が遠ざかる

 せっかく手に入れた世界で一番高いところの明かりだが、もう私には必要ない

 だから、落ちていくのに躊躇いなんて一つもない

 穴の闇に呑み込まれていくにつれ、光が放射状の薄い筋になっていった