スロット インフィニットストラトス 設置店

スロット インフィニットストラトス 設置店

こいつのことも

そのとき、オレはどうしてるか

どうするべきか

 ……まあ、答えは見えてるか

あなたも好きかも:ハイエナ スロット 収支
“監視役”だもんな――

「……、これ……」 翌日の朝、登校すると、昇降口にあいつが立っていた

 昨日は結局、泣き止んだあいつを送迎車のところまで送っただけだった

何も話なんて出来ずに

 ――でも、それでいいかもしれない

あなたも好きかも:水前寺 周辺 パチンコ
……一歩前進した、そんな気がしたんだ

あなたも好きかも:魚津 パチンコ
 少し目が腫れていたけど、そこには触れず、挨拶もそこそこに、差し出された紙袋に目を向けて受け取った

口を開けて確認すると……オレの弁当箱だ

「……昨日、……机に忘れていったままだったから……」 目を逸らして、どこか恥ずかしそうに告げられ、オレは間を置いて笑った

「そっか

忘れてた」 ……ん? にしては重いぞ? 昨日の残りのままか? 少しユサユサと紙袋を上下に動かしていると、「……あ」と声を漏らした

「その……

……うちの、調理師さんが……、……勝手に、今日の昼食を詰めちゃって……」 申し訳なさそうって言うか、本当に恥ずかしそうに俯く姿に、オレは「……ブッ」って吹き出し笑った

「マジでっ? ラッキーじゃんオレ! おまえンとこの弁当、ウマそうだし!」「……ふ、普通だと思いますけど……」「よし! んじゃあ、今日の昼、一緒な!」「……

えっ?」 ギョッとした顔で見上げられたけど、オレは無視して笑顔で手を振った