スロット ドラゴンギャル やめどき

スロット ドラゴンギャル やめどき

天秤とか、お匙とか、すり鉢とかです」 サリー曰く、迷宮支店で使うものらしい

トーマスが書いたと思われるメモを見せてくれた

「ふむふむ」 いわゆる基本的な錬金術の入門セットで、全部揃えるとなると結構なお値段になる

サリーがお金を持っているわけではないだろうけど、トーマス商店の名前でサリーが作っている魔道具の販売額、その総計は、入門セットが二十個は買えるものだろう

あなたも好きかも:スロット 3号機 年表
今購入した品物は、当たり前だけどトーマスがお金を出したそうな

あなたも好きかも:パチンコ 雰囲気
「姉さんの方は? 何か用事だったんですよね?」「うん、その、モーゼズさん――――漁協にさ、昨日作ってた『くにゃレモン』とかの材料、海草(テングサ)の収穫をお願いしたんだよ

あなたも好きかも:ヴァルキュリア スロット 評価
どのくらい採れるのかまだ不明だけど、収穫量は繁茂している場所の調査とか、様子を見ながらってことにしてもらった」 漁協の方で天日干しをしてもらうことも考えた

その方が漁協の儲けが大きい、と思われたんだけど、淡水を使って脱塩しなければならないのと、安定した天候で天日干しをするには迷宮の疑似太陽の方が効率がよさそう、ということで、結局は生の状態で持ち込んでもらうことにした

「はい、あ―――なるほど、わかりました

迷宮支店の方に納入するように、漁協にお願いした、ってことですね?」 さすがは麒麟児、察しがいい

「そういうこと

本店に納品しても、どうせ迷宮に持っていくだけだからね

ガラスの――――お姉さんが取りに来るから渡してあげて

実験は迷宮と工場でやることになるけど、うーん、そうだね、夕焼け通りの工事が終わってからだね」「実験、って言ってる姉さんは輝いています

道路工事の時も嬉しそうですけど」「あら恥ずかしい……」 赤面の至りというやつだわ……

ノーム爺さんと楽しく作業しているときは、レックスじゃないけど相当にハイ、ってやつだからねぇ