ドラクエ11 カジノ 場所

ドラクエ11 カジノ 場所

 ドラゴンは「秘密の会話をするため」と言っているが、そんなものを用意する必要があるとは思えなかったのだ

 その考助を見て、クラーラは少し笑いながら言った

「まあ、それはどうでもいいじゃない

あなたも好きかも:岡山 パチンコ バイト
アスラ様が気まぐれなのは、いつものことですから

――あ、そうそう

ここでは普通にあの方の名前を出しても大丈夫ですからね」「あ~、ということは、ここも神域の一種か」「そういうことだ」 考助の言葉に同意するように、ドラゴンはその大きな頭を上下させた

あなたも好きかも:地獄少女宵の伽 スロット ゾーン
 その様子を見ていたミツキが、ふとなにかに気付いたかのように言った

「もしかしてあなたは、かの神の眷属?」 ミツキがそう聞くと、クラーラは先ほどとは違ったなにかを含んだような笑みを浮かべてドラゴンを見た

「ホウ・・・・・・? なぜそう思う? 神の片腕よ」 ドラゴンの言った『神の片腕』というのが、コウヒとミツキであることは、わざわざこの場に連れてきていることからもすぐにわかった

あなたも好きかも:遠山の金さん パチンコ 甘
 そのドラゴンに、ミツキはただ真っ直ぐに見据えながら言った

「別に理由なんてないわよ

ただ、そう思っただけ」「そうか

さすがというべきかな?」 ミツキの答えに納得したのかしていないのか、ドラゴンはそれだけを言った

 この間、考助は敢えて言葉を挟んでいなかったが、きちんと左目の力でその答えを確認していた

 ミツキが言ったことはしっかりと確信をついていて、称号の欄にはしっかりと【アスラの眷属】と書かれている

 それは、紛れもなく目の前にいるこのドラゴンがアスラの眷属である証拠であった