丸三 松山 パチンコ

丸三 松山 パチンコ

あなたも好きかも:ジャパン ぱちんこ
・・・・・・それにしても、もうお前たちも6歳か」 嬉しそうに言う親父

俺よりも先に親父を出迎えに行っていたラウラは、親父のでかい手で頭を撫でられながら嬉しそうに笑っている

「・・・・・・そろそろ、銃の撃ち方を教えても大丈夫かな?」「えっ!?」「本当!?」 ついに教えてくれるのか! ラウラも嬉しいらしく、スカートの下から出ている彼女の赤黒い尻尾がぴくりと動いたかと思うと、彼女はまるで飼い主に頭を撫でられて喜ぶ子犬のように尻尾を降り始めた

・・・・・・ついてきなさい」 母さんたちはまだ仕事中なんだろう

きっと帰って来るまでまだ時間がある筈だ

 シルクハットをかぶったまま廊下を歩き出す親父

ラウラは俺の顔を見て楽しそうに笑うと、俺の手を握って親父の後を歩き始める

 魔王様が案内してくれたのは、廊下の先にある地下室への階段だった

この家はまるで貴族の屋敷のように広く、引っ越したばかりの頃はラウラと2人でよくかくれんぼをしたり鬼ごっこをしていたんだが、ここには絶対に入るなと言いつけられていた

ラウラは何度か勝手に入ろうとしていたんだが、その度によく俺が止めていたんだ

あなたも好きかも:スロット インディージョーズ
親父には粛清されたくないからな

 親父は懐から鍵を取り出すと、扉の鍵穴に差し込んで鍵を開け、地下室へと続く階段を下り始めた

 そういえば、この下には何があるんだろうか? 母さんやガルちゃんたちもここを出入りしていたのは覚えてるんだが、何があるかは全く分からない