ドラクエ 8 カジノ パルミド

ドラクエ 8 カジノ パルミド

視野が狭くて、あなたがうんざりしてお城に帰ってしまうとは考えてもいなかったのです」「ふうん

………私が城に帰ると困るのかい?」「困ります

私は我が儘なので、直面してみたらそちらの方がとても嫌でした」「君を覚えていない私よりも?」「私を覚えていないあなたよりも」「それは困ったね

君は、私のことが随分とお気に入りのようだ」「不本意ながら、そうなのです」ネアの言葉に、魔物は眉を顰めてみせた

今のディノの仕草や言葉は、魔物らしく凄艶であるが、微笑んでいてもどこか無表情にさえ見える不可解なものだ

「………不本意、なのかい?」「私は、我慢も嫌いですし、自分を損なうものは嫌いです

ですので、心を痛めるような欲はぽいっと捨ててしまいたいのですが、不本意ながら今回は手を離したくないのです……」「と言うことは、ゆくゆくは捨ててしまえるようになるのかな?………おや」そこでまた、ネアは魔物の三つ編みをぎゅっと握り締めた

ディノは特に不愉快がる様子もなく、愉快そうに自分の髪を握り締めた人間を見ていた

あなたも好きかも:月面兎兵器ミーナ パチスロ
「具合の悪くなりそうな、“もしも”は考えたくありません

……とりあえず、お城には帰らないで下さい

……ええと、戻り時の妖精めの毒の効果がおかしいのは間違いないですし、記憶が戻るまでは身の安全の為にもここに居た方がいい筈です!それに、ここにはあなたの知らない、あなたのお気に入りがたくさんありますよ?そういうものを見てみるのも面白いと思うのです」かなり強引なネアからの慰留を受けて、ディノは水紺の瞳を瞠った

ややあって、唇の端に愉快そうな微笑みを浮かべる

あなたも好きかも:パチンコ えとたま 曲
「………いいよ

では、この部屋に住めばいいのかな?」あっさり受け入れられた要求に、ネアはしぱしぱと瞬きをする

じわりと浮いていた涙の欠片が睫毛に弾かれ、慌てて目元をごしごしと擦った

「………はい

ここにいて欲しいです