ゴールデン チップス

ゴールデン チップス

あなたも好きかも:パチンコ サラリーマン 金 太郎
 叔母は険しい表情でみんなを睨み付けた

「あなたたち、出て行きなさい

子どもが口出しする問題じゃないわ」「子どもなりの見解っていうのは出来ますけどね」 反町は深く息を吐くと、睨む叔母を真面目な顔で見返した

「確かに石田さんがやったことは、ボクが唆したとは言え大人げない行動だったかも知れません

けど、大人げない行動をしてしまう程、真里乃さんのことが大事だと石田さんが感じたのも事実じゃないんですか?」「それじゃまるで、僕が真里乃さんを大事だと思っていないみたいな言い方だな」 と、見合い男性の遠田が苦笑すると、反町はあっけらかんとした顔で肩を竦めた

「仕方ないでしょ

あなたも好きかも:パチスロ マキバオー 天井
あなたと石田さんとじゃ、真里乃さんと一緒にいた時間の長さが違いますから

それに、あなたはまだ真里乃さんがどういう人かもわかっていないでしょ?」「だから、これからたくさん会っていこうとしてたんだよ」「それで真里乃さんがあなたに好意を抱くという確率は半々ですよ

ということは、結婚出来る確率も半々」 でしょ? と相槌を問われ、遠田は間を置いてため息を吐いた

「……ああ

あなたも好きかも:パチンコ 仕事内容 履歴書
そうかも知れないけどね」「ところで」 反町は突然話しを変えた

「石田さんがお見合いの席に立ち入った時、あなたに何か言いましたか?」 反町の問い掛けに、遠田は少し考え、「……ああ」と思い出して頷いた

「言ったよ」「なんて言われました?」「……なんだったっけな……

自己紹介されて……突然お邪魔してすみませんとか、お時間よろしいですかとか……」「じゃあ、石田さんは礼儀正しくあなたに挨拶も済ませたわけですね」「……

だから何が言いたいの?」「ボクだったら、見合い相手のあなたなんか殴り飛ばして、彼女をそこから引っ張り出しますよ」 顔をしかめる遠田を、反町は睨み付けた