ばっきー スロット

ばっきー スロット

 そこでは所狭しと神殿に信者たちが並び、膝をついては祈りを捧げていた

「「「「「――『天におられる我らが神よ』『神聖なる魔法を我らに与え給え』――」」」」」 『終譚祭』というお祭りのときでありながらも、祈祷を忘れない敬虔な信徒たちだ

 中には、『魔石人間(ジュエルクルス)』たちも混じっている

 いま、フーズヤーズ国では、大々的な集会(ミサ)が行われていた

あなたも好きかも:g1 スロット 天井
 そして、信者の祈りの先には、そのイベントに必須な有名人が一人

「シスは上手くやっておるな

あなたも好きかも:宝塚 パチンコ 優良 店
堂に入っておる」 壇上にて、使徒シスも共に祈っていた

 その仕事ぶりを、同僚のディプラクラが心から褒め称える

 私も全くの同意見だった

「あれは、ほんま天職やね

はー、どれもこれも『計画』通り

まじ主様、半端ないっすわー」 私たち三人が足を止めて、その集会(ミサ)を見守ってしまうほどに、シスを中心とした祈りは立派なものだった

 とはいえ、この場にいる全員がシスに倣って、本気で祈っているわけではない

 単純に《レベルアップ》のみを目的としている者もいれば、『魔人返り』を危惧する獣人たちが《魔力浄化(レベルダウン)》を受けていたり、新『術式』の《血脈希釈(チェンジロック)》を試していたり

 神殿の出入り口あたりでは、新規入信者を迎え入れるビギナーコーナーが設けられていた