ワルプルギスの夜 パチンコ

ワルプルギスの夜 パチンコ

 さて、次はパンジャンドラムの出番だ

「パンジャンドラム隊、出撃する

歩兵部隊はパンジャンドラムに続け!」『『『了解(ダー)!!』』』 手元のコンソールのボタンを押し、パンジャンドラムの起動準備を開始する

カチューシャの攻撃で混乱している敵に、今度は10基の車輪と歩兵部隊が襲いかかるのだ

しかも歩兵部隊は一部を除いてAK-74を装備しているし、1人1人がフランセンの騎士たちに対して猛烈な復讐心を持っている

容赦をする筈がない

「―――――――Go ahead(行け)!!」 スイッチを押した次の瞬間、今度は車輪に取り付けられているジェットエンジンが一斉に火を噴いたかと思うと、人間を容易く踏み潰してしまうほどのサイズの車輪が緩やかに進み始めた

ゆっくりと砂に轍を刻みつけ、豪快な火柱と白煙を噴き上げながら徐々に加速していく巨大な車輪

その表面には、確実に敵を殺傷できるようにスパイクがびっしりと装着されている

あなたも好きかも:トップを狙え パチンコ
 やがて解き放たれたパンジャンドラムたちが徐々にスピードを上げていき――――――――駐屯地へと突っ込んでいく

あなたも好きかも:駅前 パチンコ なぜ
 きっと、あのパンジャンドラムの襲撃を生き延びた騎士たちは度肝を抜いている事だろう

あなたも好きかも:桶川 パチンコ
最も怖い悪夢を再び見ているような気分になっているに違いない

 まあ、これは悪夢じゃなくて現実なんだけどな

 その光景を目にした時、駐屯地を警備していた騎士たちの中に、それが攻撃だと見抜いたものは1人もいなかった

夜の砂漠で光を放ちながら飛翔するそれは、まさに流れ星のように見えたことだろう

 しかし、それはただの流れ星などではないということを、彼らはすぐに理解することになる

 緩やかに高度を落とし始めた流れ星が、段々と駐屯地へと落下するような軌道に変わったのである

それが落下してくると気付いた騎士が他の騎士たちに警告をしようとした頃には、一番最初に降り注いだ流れ星(ロケット弾)がテントの群れの中へと飛び込み、偶然そこで物資の確認をしていた騎士を押し潰すと、地表にほんの少しだけ突き刺さった状態で起爆し、一番最初に犠牲となった騎士の肉体を木端微塵に焼き尽くした

 続けて2本目のロケット弾と3本目のロケット弾が着弾し、駐屯地の敷地内で派手な火柱を噴き上げる