ブラックジャック ed 歌詞

ブラックジャック ed 歌詞

 クリスタ様は、幼い頃のレイシール様が可愛くて仕方がなかったのですわ

ですから、立派な青年になってらして……見た目だけではなく、本当に凛々しく成長なされていて、少々嫉妬されているのです」 遠慮なくずけずけと、笑顔で俺を褒めそやすから、こっちの方が恥ずかしくなってきた

 顔が熱い

絶対赤くなってる……

そんな俺に、リーカ様はほほほと上品に笑い、隣の従者も気の毒そうな笑顔になる

が、赤面する俺を見たクリスタ様の表情は、何故か怒りを孕んだ

あなたも好きかも:パチンコ akb 桜 ゆうタイム
「ほぅ……リーカに褒められて満更でもないのか? 残念だったな

リーカは夫がいる身だ」「な、なに言ってらっしゃるんですか⁉︎ 俺は別にっ……ち、違いますリーカ様、誤解です

 お、俺はただ、褒められ慣れていないもので……お世辞でも舞い上がってしまう……お恥ずかしい限りです」「まぁ、お世辞だなんて! 私、クリスタ様のお言葉を代弁しただけですのよ?」「リーカ! 僕をネタにするな!」 どっちにしても恥ずかしいから! クリスタ様が女性だと知ってしまったから、女性から褒め言葉を頂いたと思うだけで恥ずかしい

自分が不甲斐ないのは、自分が一番よく知ってる

あなたも好きかも:パチンコ 福岡
けれど、学舎に居た頃よりも成長したと言って下さることが、嬉しくて……どうしようもなかった

あなたも好きかも:スロット バーストエンジェル ゾーン
「す、すいません

ちょっと落ち着いてきますから……

クリスタ様のお部屋へ伺えばよろしいですか?」「ええ、ではお待ちしておりますわ」 猫の様に肩を怒らせて怒っているクリスタ様をあしらいながら、リーカ様がそう、言葉を返されたので、俺はすぐ伺います