ぎるていくらうん スロット 期待値

ぎるていくらうん スロット 期待値

「あんたらが突然遊ぼうなんて言うからさぁ、もう、こっちは忙しくて忙しくて! ただでさえ学祭あンのに!」 ……誰も「遊ぼう」なんて言っていないが

「用意とか大変でさぁ! でも、途中で誰が一緒に遊ぶんだろ、って思ったわけ! で、オレがその確認に来たの!」 いちいち笑顔で元気がいいのが腹立たしい

 苛立った反町たちの視線に気付くことなく、男子はみんなを再度見回した

あなたも好きかも:艦爆 スロット数
「で、あんたらが参加者ってことだよなっ?」 そう問い掛けて、男子は橋田に目を止め、顔をしかめた

「なんだよ? おまえ、やっぱり“こっち側”に付くのか?」 問われた橋田に、みんなの目が移った

――そうか、橋田と面識があってもおかしくはないのか

「……知ってるヤツなのか?」 聞いたところで何かが出来るわけではないが、立花が問うと、橋田は真顔で首を振った

「直接的な面識はありません」「話したことないもんなぁー」 男子は肩をすくめ、「ま、いいや」と一人納得して頷いた

あなたも好きかも:浜崎あゆみ スロット
「じゃ、おまえも参加ってことな

んで……」 今度は一番近いところに弥生に目を向ける

「……あんたは誰だっけ? 奉仕屋じゃないだろ?」 弥生が「違いますが」と答えようとしたが、その前に立花が口を開いた

「こいつは関係のねぇヤツだ

構うな」 敵意を向けられては彼女まで巻き込んでしまう

それを恐れて睨み告げるが、じっと男子を見つめていた弥生は、間を置いていつもどおりの無表情さで男子に向かって首を傾けた

「私も参加者ですが、何か問題でも?」 立花も、反町たちも驚き目を見開いた

「おいっ!!」 立花がすぐに発言を撤回させようと身を乗り出すが、弥生はそんな彼を真顔で振り返った

口では何も言わないが、「黙って」と目が伝えている

 何か企みでもあるのか――