パチンコ トイレ 盗撮

パチンコ トイレ 盗撮

(……………あ、)頭の上に顔を埋められ、ネアはウィリアムが泣いているような気がした

湿った吐息の熱さに、微かなその体の震えを感じる

あなたも好きかも:パチスロ マクロスフロンティア3 設定判別
終焉として多くを背負いその苦しみに向き合ってきた彼にとって、こんな風に行かないで欲しいと言われる言葉は、どんな叱責より心に響くだろう

あなたも好きかも:7th trigger パチンコ
だから、勿論ネアも便乗するしかない

「ウィリアムさんがいなくなったら、私は胸が潰れてしまいます!どんな酷いことをしても、どんなに狡いことをしてもいいので、もう二度とこんな危ないことはしないで下さい

あなたも好きかも:夕方 立ち回り スロット
………………や、約束ですからね!」ぎゅっと抱き締められたままそう言えば、ネアも感極まって涙声になってしまったのだが、ウィリアムはそんなネアをより強く抱き締めてくれた

「……………ああ

すまない、怖い思いをさせたな」「ウィリアムさんは、絶対に私の知っているこのウィリアムさんがいいのです

……………でも、ウィリアムさんは私を助ける為に無茶をしてくれたので、元はと言えば私のせいで…」人間は狡猾で邪悪な生き物だ

ネアがわざとらしく悲しげな声を出せば、慌てたようにウィリアムが顔を上げて首を振る

その瞳はどこかいつもより潤んでいるように見えたので、涙そのものは見せてくれなかったが、やはり少しは泣いていたのではないだろうか

「ネア、そんなことは考えなくていい

俺のやり方が、………………そうか

……………俺のやり方では、君にそんな風に負担をかけてしまうんだな…………

すまない

もう二度とあんなことはしないから、どうか許してくれるか?」「もう二度としちゃ駄目ですからね?………………うむ!ディノ、言質を取りましたよ!」「………………そこで、隠しもせずに拳を握るな」「あら、アルテアさんだって、あんなにウィリアムさんを………」「………………は?」ネアはここで、意味深に言葉を切ってみせて、困惑したようにウィリアムに見上げられ、真顔でぶんぶんと首を振っているアルテアに、にっこり微笑んでおいた

「まぁ、恥ずかしがり屋さんですねぇ」「やめろ」「ウィリアム、アルテアは、自分がついているからと言ってくれて、君が眠っている間中ずっと、傍にいてくれたんだよ」「……………シルハーン!」ディノにまで重ねてそう言われてしまい、アルテアは頭を抱えてしまった

どれだけ否定しようと、ネアはあの時、どれだけアルテアがウィリアムを案じていたのかを知っている

だからこそこの場合は、どれだけみんながそう思っているのかを伝えるのが、ウィリアムにとっては一番の抑止力になるので、容赦なく明かしてゆこう