スロット 2 万 枚

スロット 2 万 枚

 主人公の知らない情報を読み手が得たことで「主人公! これはヤツの仕業よ! 早く気づいて!」とハラハラ・ドキドキしてきます

「お願い、早く気づいて!」と思いながら主人公の行動を見つめていく

 没入しているから、よりいっそう心配してしまうのです

もう気になって気になって仕方がない

 読み手が主人公でもありその親でもあるかのように思えてくる

あなたも好きかも:ゼロヨンチャンプrrz パチンコ
より主人公に愛着が湧いてきます

あなたも好きかも:麗 都 スロット ステージ
 利用しない手はないですよね

 こういった構造を「秘密の共有」と言います

主人公にはわからない「秘密」を読み手と語り手が共有するという意味です

「なぜ」は積極的に明かすべき ということで「起こした」にしろ「起きた」にしろ「出来事(イベント)」に関する「なぜ」は読み手に明かしておいたほうが効果が高いのです

佳境(クライマックス)まで引っ張れる「なぜ」はひとつあるかないかです

あまり引っ張りすぎると途中で飽きられます

 効果が薄れる前に明かしておけば、読み手は没入して「疑似体験」しつつ、そこから「主人公応援モード」が加わっていきます

 佳境(クライマックス)で大どんでん返しをしたいからできるだけ謎を残しておきたい、と考えていると連載が続くごとに読み手が減っていきます