スロット 鷲巣麻雀

スロット 鷲巣麻雀

そして、側にいてくれるに違いない

そう信じられる

想い合っているのだ

その想いの行き着く先は、常に側にいること

そのためならば、それまでどれだけ遠くはなれていても耐えられる

「そうですね……方舟に荷物を積み込むことくらいならば、協力できるはずです

あなたも好きかも:パチンコ つり きち 三平
長旅に必要な物資を考え、今日明日にも用意し、運び込む

アレクセイ殿に頼んでもよろしいでしょうか」「もちろんです

あなたも好きかも:天誅 スロット バグ
護山の英雄殿の旅立ちに尽力するのは、当然の努めでしょうからな」「ありがとう」 ファリアが満面の笑みで告げると、さすがの祖父も多少たじろいだようではあった

 話し合いは、それで終わりとなった

 祖父はまだいい足りない様子ではあったが、ああも命じた以上、取り付く島もないと判断したようだ

渋々、彼女の執務室をあとにした

 ファリアはそんな祖父の背中を見遣りながら、感謝する

 アレクセイの気持ちは、痛いほどわかる

 彼は、ファリアにもっと素直になって欲しい、と考えているのだ

 戦女神という立場を捨てよ、などとはいうまいが、似たような想いを抱いているのに違いない

だから、わざわざ戦宮に姿を見せ、セツナの話をした

セツナがファリアにとってどれほどの存在なのか、彼ほど知っているものはいまい

 ファリアにセツナとともに幸せを掴んで欲しい、などと考えているに違いない