戦国 パチンコ 199

戦国 パチンコ 199

僕がどれだけ嬉しかったか

…………そうか

それならそちらの僕も、この記憶を受け取るんだろうな」「きっとね」ネアはそこで、ぽつんと立っているニーノにも手を伸ばしてみたが、ニーノは苦笑して首を振った

「俺はここに残ろう

あなたも好きかも:相撲 の パチンコ 台
君達や今回の事件を知らない自分にこの記憶が戻されても、困惑するだけだろう

あなたも好きかも:蒲生 パチンコ
それに、せっかく書き換えた記録がこちらからのものと混ざると良くないからな

記録に歪みが出たら許し難い……!!」「………むむ

あなたも好きかも:スロット リング 音量 調節
それは、ニーノさんにとっては大問題なのですね」「ああ

何よりも大切なことだ」「それと、アイザックさんはどうしましょう?お部屋を貸してくれたり、鋏探しをしてくれたり…」「あいつは放っておけ」「あの方も連れ帰られたいとは思わないだろう

……何というか、その種の感傷は持たなさそうだ」「うーん、アイザックはいいんじゃないかなぁ」「プリュ」「ネア、それはこちらの世界のアイザックだ

彼は魔物らしい魔物だし、君に対しての好意や評価は君の知っている彼とは違うだろう

場合によっては帰路の不安要因になりかねないから、このままにしておこうか」ネアはアイザックのことも気になったのだが、全会一致でそちらはそのままにしておくことになった

少し可哀想ではないかとも考えたが、ディノの最後の言葉でネアも気持ちを切り替える

別れの時が近付き、ネアはくいっとディノの三つ編みを引っ張って、ニーノにも一緒にお礼をして貰った

王様にお礼を言われたニーノは、尻尾をぴるぴるさせて感激している

「妙な言い回しにはなりますが、悪夢としてここに存在したことで得られた喜びに、ここに在る私にとっては、得難い幸福でございます

我が君」「うん

それなら良かった」「おい、そいつは閉じ込められていただけだろ…………」「しかし、相談に乗ってくれ、昨日も調べ物を手伝ってくれ、今日も一緒にここまで来てくれたのですよ?尻尾もふかふかです!」「最後が余計だな」「…………ニーノさん