パチンコ 正月 出る

パチンコ 正月 出る

すると記憶には、巨大な岩があったはずの場所に、夕闇の中に明々と松明の様に炎が着いた棒を持った人物が、誰かを支えてたっている

(―――支えられている方が、旦那様?!)依存という名前の、病的に忠臣でもある執事が駆け出した時、"松明"と見えた物を握っている人物の手元から、次々と先程みたいな、緋色の一閃が、ビュンビュンと音をたてながら闇夜の空へとあがっていく

『―――旦那様あっ!!』"火の花"の破裂音に馬が怯えるのも構わず、ロックは賢者ピーン・ビネガーがいるだろう河原へと駆け出した

グロリオーサの手元にある棒状の物には未だにサラマンダーが舌をチロチロ出しながら、這いずりまわっている

『あ〜、こりゃ全部着火しちまったな…

あなたも好きかも:パチンコ ジョーズ 甘 潜伏
アングレカムに何て言おう…』そう言っている間も、グロリオーサの手元からは次々と"狼煙"らしき物は、ビュンビュンと次々に緋色の一閃を描きながら空へと昇って行っている

あなたも好きかも:西川口 パチンコ 等価
『これは、狼煙というよりは"花火"だ、グロリオーサ…』上空で、パーンパーンとまた狼煙――花火が弾けた

あなたも好きかも:カジノ 食事
『まあ、こんだけ派手に狼煙…じゃなくて、花火になるのか?

花火がうち上がったなら、ロック君も気がつくだろうっと!?』今度は数本纏まって、ビュンビュンと音を出し、垂直に狼煙―――ピーンからすれば"花火"となるものは渓谷の空へと舞い上がり、弾ける

そして空に弾ける火の花は、作成したアングレカムの意図がはいっているのかどうかは判らないが、小さいが結構な美しい"花"を咲かせていた

そして"花火"という言葉を聞いて、グロリオーサはあることを思い出した

(―――もしかしたら、アングレカムは"花火"をバルサムにあげるつもりだったのかな?)漸く二桁の年になり、更に"オマセ"になってきたグロリオーサの姪っ子であるバルサムが、アングレカムに惚れているのは仲間内では周知の事である

その彼女が「花火をみたいです」ともう数ヵ月前になるが、用事で姉の元に帰った時、モジモジしながらアングレカムにお茶を出しながら言っていたとトレニアから聞いていた

《でも、モジモジしすぎちゃって「アングレカム様と"一緒に"みたいです」と、バルちゃん、言えなかったから、良い具合にあの農家さんは勘違いしたみたいねぇ》人の気持ちを"拾い読めてしまう魔女"は、アングレカムが趣味の読書の本の中に新たに"火薬"の本が加わった事を、苦笑いしながらグロリオーサに教えてくれた

(なら、ここで台無しにしてしまって良かったかな?)アングレカム以外には、生意気で高飛車な美少女の姪っ子ではあるが、叔父としても、添い遂げるとか具体的な事は抜きにして、"幸せ"ではあって欲しいと願っている

"乙女心"にはグロリオーサは十分鈍い自覚はあるが、アングレカムも整った容姿で、女性からアプローチをされたりする割には、負けず劣らずに鈍いと親友として知っている