番長 パチンコ

番長 パチンコ

「わたくしが迂闊なせいで大変なことになるところでしたね

フェルディナンド様は責任感が強いですけれど、そこまでわたくしの面倒を見なくていいのですよ

ですから、王命の解消を……」「ローゼマイン、勘違いするな

あなたも好きかも:スロット 趣味
私が望んで計画したことだ」 フェルディナンドが何を言い出したのかわからなくて、わたしはフェルディナンドを見つめる

何の計画があったのだろうか

「貴族と平民として離れても細い繋がりを大事にする君と、君が伸ばした手を取ろうとしている家族とのやり取りを私はずっと見てきた

あなたも好きかも:パチンコ 単発 腹立つ
そんな君が私を家族同然だと言ったのだ

そして、言葉通り、アーレンスバッハへ離れても、繋がりを途切れさせることなく手を伸ばしてくれていた

私の家族観を作ったのは君だ

あなたも好きかも:平塚 スロット イベント
同調して嫌でも知ったであろう? 私がどれほど君の家族のような繋がりを渇望していたか」 わたしはコクリと頷いた

フェルディナンドが見せてくれた記憶は、家族への憧れと羨望

それから、わたし達家族を引き離すことになった後悔と苦渋でいっぱいだった

「エーレンフェストでいたままならば感じなかったかもしれぬ

君と君の家族の細い繋がりを守っていければ、それで満足できたであろう

だが、エーレンフェストを離れると、君との繋がりは周囲の声で断たれていく

私は君との繋がりを失いたくなかった

……だから、君を得るためには王命の婚約を利用するのが最も効率的で実現性が高かった」 するりとフェルディナンドの手がわたしの頬を撫でる