モンキー スロットルケーブル

モンキー スロットルケーブル

 悲しそうな顔ですって? 何を言ってるのよ

もう少しであの偽物の妹が死ぬのよ?  そう思いながら再びハルバードを突き出そうとした瞬間、いきなりあの子と遊んでいた幼少期の光景がフラッシュバックした

玩具の入っている箱の中からお気に入りの人形を持って来る彼女と、剣術の訓練から帰ったばかりの私が笑い合っている

『お姉ちゃん』 幻聴が聞こえてきた瞬間、思わず私はハルバードから右手を離し、再び額を押さえてしまった

あなたも好きかも:black lagoon2 パチスロ
目の前で刀を構えている彼は、私を攻撃せずにそのまま私を見つめている

「本当にエミリアを嫌ってるなら、あんな悲しい顔はしないだろ!? 本当はエミリアとまた一緒にいたいって思ってるんじゃないのか!?」「そんなわけ…………ッ! あ、あの子はっ、私の――――」「家族だろうがッ!」 家族…………? 額から右手を静かに離し、私を睨みつけている彼の顔を見つめる

「小さい頃の思い出はあるんだろ!?」「思い出…………」 小さい頃は、彼女と一緒にいる時間が一番楽しかった

訓練でやったことを離し始めると、エミリアはいつも楽しそうに聞いてくれていた

あなたも好きかも:岡山 パチンコ 営業 時間 緊急 事態 宣言
そして私が話を終えると、今度はエミリアが1人で読んでいた絵本の話をしてくれる

あなたも好きかも:パチンコ ワンピース 西成
彼女にその絵本を読んでもらったこともあった

 彼女の正体を教えられて思い出は砕かれてしまったけど、まだエミリアと一緒にいた思い出はある

 やっぱり、彼女は――――私の妹だった

 そう、エミリアは私の大切な妹―――――――――

 どうして冷たくしてしまったんだろう

あの子がホムンクルスでも、関係ないじゃない