スロット まど2 エピソードボーナス

スロット まど2 エピソードボーナス

ミシェルさんの予測が当たる可能性は99.7%だと思われます」 「……今日はゆっくりしよか……」 「そうだな……マカエルさん、俺からも監視の継続を頼みます」 「はい

お任せください」 立ち上がったマカエルにタガグロが座ったまま頭を下げる

「セイちゃんがご迷惑かけてすいません

きつくお仕置きしますので……」とっさに俺もそう言えば、これ仲間の物凄い不始末じゃないか!!と気付いて「根は悪い奴じゃないんです……ほんと、すいません……」と床に土下座する

マカエルは土下座した俺に「今後の相手の出方次第ですが、我らとしては穏便に解決することを 願っています

タジマ様たちには解決のために是非とも我らに協力を願います」と深く頭を下げ返して、静かに部屋から去って行った

あなたも好きかも:パチンコ 炎 エフェクト
マカエルが去ってもしばらく土下座の態勢から俺は動けなかった

あなたも好きかも:ddon 武器 スロット
タガグロも無言のままである

「セイちゃん、アホやとは思ってたけどここまでとはな……」タガグロが呟いて、やっと強張っていた身体が動く

「……」 俺は立ち上がってタガグロの隣に座って昨日の夢での出来事を話した

「……たっくんのところに既に虚無の王が来とったんやな……」 「不思議な加勢が来て、俺は撃退できたけどな……」 「隙だらけ、常に欲望丸出しのセイちゃんの頭の中にもいっとったんやろな……」 「だと思う

で、良い様に虚無の王から操られたんだろうな