パチンコ 長崎

パチンコ 長崎

「この程度の物量でテンプル騎士団が屈するとでも思ったか?」「……………そう…………拒否するんだ」「ああ」「残念ね

それじゃあ――――――――殺してから身体をバラバラにして、実験に使わせてもらいましょう」 輪廻がそう告げた直後、後ろにいた2人のホムンクルスが一斉に剣と化した右手を振り上げた

後頭部に押し当てられていた切っ先の感触が消え失せると同時に、俺は身体を左へと傾けつつまだ近くにいた輪廻の腹を蹴り飛ばしつつ、右手をPP-2000へと伸ばして、サプレッサー付きのそれをホムンクルスの胸板へとお見舞いする

 自分の遺伝子をベースにして生み出された”妹たち”でも、容赦をするつもりはない

 9mm弾で胸板を撃ち抜かれたホムンクルスがよろめき、口からとろみのあるスムージーを彷彿とさせるピンク色の血を吐き出す

人間のような鮮血でないのは、魔術によって調整された影響なのだろうか

 被弾したホムンクルスを尻尾で突き飛ばし、蒼い外殻で覆った左手の指先を、もう片方のホムンクルスの右腕の肘に突き立てる

指先の外殻が皮膚を貫き、肉に包まれた骨を砕いた

あなたも好きかも:タル るー ト くん スロット
骨を砕かれたことによってそのホムンクルスの右腕は動かなくなったが、まだ左腕は健在だ

 そっちの腕も剣に変形させて攻撃してくるだろうと思ったのだが、”彼女”は左腕をそのまま伸ばして俺の肩を掴むと、まるで抱きしめようとしているかのように俺の身体を引き寄せる

あなたも好きかも:ドラクエ5 スロット 法則
 転生者の能力はないらしいが、キメラの遺伝子を使っているためなのか、握力は桁違いだ

常人だったらとっくに肩の骨を握り潰されていたに違いない

 振り払おうとしたが――――――――しがみついてきたそのホムンクルスの身体が、ぼこっ、と急に肥大化したのを目の当たりにした俺は、凍り付いてしまう

 まるで身体中の血管の中に風船を入れ、それを一斉に膨らませ始めたかのように、すらりとした白髪の美少女の身体が膨れ上がり始めたのである

このまま俺(オリジナル)を取り込むつもりかと思ったが、体内の魔力の圧力が急激に上昇しているのを感じ取り、このホムンクルスが何をしようとしているのかを悟った

 こいつは体内の魔力を、自分の身体が弾け飛ぶほどに加圧しているのだ

 超高圧の魔力の破壊力は、猛烈な爆発に等しい