ガロ パチンコ 攻略

ガロ パチンコ 攻略

」 冒頭の一文に主人公を登場させると、わかりやすいのです

あなたも好きかも:低 貸し スロット
でもなかなかうまく惹き込めません

『吾輩は猫である』も『走れメロス』も、主人公が特殊な状態であることで注意を惹こうとしているのです

 その点、夏目漱石氏は『坊っちゃん』の書き出しで「省く」技術を存分に発揮しています

あなたも好きかも:オンラインゲーム 軽い おすすめ
「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている

小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある

なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ

あなたも好きかも:バカラ 博多
別段深い理由でもない

新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい

弱虫やーい

と囃したからである

小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた

」 引用はここまでにしますが、主人公がいっさい登場していません

「読み手こそがこの物語の主人公なのだ」と夏目漱石氏は語っているのです

『雪国』も主人公の「島村」が出てくるまでにかなりの文量を要しています

「名作」は有無を言わさず「読み手を主人公に仕立てる」技術が格段にうまいのです

だから読み手はついつい小説世界に惹き込まれて、さも自分がそういう状況にいるんだと、周りを囲まれてしまいます

まさに「文豪」の思うままです

 日本語の小説では、できるかぎり「主人公をあとに書く」よう徹底しましょう