オオカミ少女 ブラックジャック

オオカミ少女 ブラックジャック

 ミノタウロスを倒したギャオが立ち上がると、すでに他の仲間たちもミノタウロスを倒しており、戦闘はすでに終了していた

「しかし、このまま袋小路に突撃されていたら、さすがに危なかったですね」 トールの言葉にオロチが頷く

唐突な魔物の出現だったが、運に助けられた面もあった

あのまま突撃されていれば状況を把握する前に戦闘となり、混戦となっていた可能性もあった

それはミノタウロスの集団に対しては最悪のパターンだ

「まあ、このメンツであれば、どうにかはなっただろうが……風音、魔力は大丈夫なのか?」「うん

蓄魔器も使ってないし、自前の魔力で収まる範囲だね

あなたも好きかも:オンラインゲーム amd radeon r5 330
問題はないけど、しばらく戦闘はお任せして探索に専念するよ」 そう言いながらも風音の視線は、すでに原形を留めていない冒険者に向けられていた

あなたも好きかも:ミレキャリア パチンコ
戦闘前は割り切ったが、やるせない思いがあるのはどうしようもない

その風音にトールが頷く

「それが良いでしょうね

先は長いですし、さっさと進みましょう」 その言葉に、ギャオが「おいおい」と声を上げた