福井 パチンコ 人気 店

福井 パチンコ 人気 店

ランの東郊外1キロ)まで進ませ、ここから再度軍使をラン要塞へ送って降伏を勧告します

テルミン司令官が答えるには「パリに去就を問い合わせるのでもう24時間待って欲しい」とのことでした

親王ヴィルヘルム中将はこれを承諾しますが、その間に、この日シャトー=ポルシアンに至った第4軍団へ増援を要請、G・アルヴェンスレーヴェン将軍は麾下の猟兵第4「マグデブルク」大隊を馬車に乗せてエップへ進出させ、同じく第4軍団砲兵隊から騎砲兵第2中隊を抽出し、急ぎサン=カンタン=ル=プティへ送るのでした

あなたも好きかも:パチンコ 廃墟 理由
 8日、近衛軍団はスリー(ルテルの北8.3キロ)へ、S軍団はルテルへ、軍本営はノヴィオン=ポルシアン(ルテルの北北東11キロ)へ到着しています

◇9月9日 早朝、サン=カンタン=ル=プティを発した騎兵第6師団本隊は、午前11時にエップに至ります

 普軍騎兵師団を前にしたラン市の防衛司令官テルミン将軍は、開城を決断して普軍に通告したため、ヴィルヘルム親王は猟兵第4大隊と共に行進してランへ入城しました

あなたも好きかも:南千住 スロット
 その後、同大隊第4中隊はランの衛星部落ヴォー(ラン大聖堂の北東700m付近)で警戒任務に就き、騎兵第14旅団は市街地脇に集合、騎兵第15旅団は要塞の各出入口を見張りました

市場に入った猟兵第4大隊の第2,3中隊は市街の城門に散ってこれを守備し、同第1中隊は要塞の各出入口で仏軍衛兵と交代、堂々要塞内へ行進すると、要塞の中庭には約2,000名の護国軍兵士と、正規軍の戦列歩兵第55連隊の半個中隊が武器を地面に置いて待っていました

 これを見たヴィルヘルム親王は、正規軍の下士官兵を捕虜として後送させ、士官と護国軍兵士については「釈放後は本戦争中、独各国に敵対する行動を一切取らない」との誓約書に署名させて解放させたのです(護国軍兵士が約束を守るか疑問もありますが、セダン会戦で大量の捕虜を得た直後ということと、騎兵師団は軍先鋒としてパリへ急ぐ必要もあり、護送する手間を考えれば仕方がなかったものと思われます)

 ところが、ヴィルヘルム親王とテルミン将軍が見送るなか、仏軍最後の兵士が要塞から外へ出た瞬間、轟音と共に二回連続して巨大な爆発が発生したのです

あなたも好きかも:パチンコ 底辺 臭
 爆発の結果は悲惨で、要塞の中庭と周辺施設は完全に吹き飛び、要塞に隣接した市街地の一部も被害甚大となります

 要塞内と近辺にいた普仏将兵は多くが死傷し、その数、仏軍が士官11名と下士官兵230名の死亡、士官10名と下士官兵150名の負傷を記録(独側記録では死傷300名としています)、普軍は士官3名と下士官兵39名が死亡(その多くが猟兵でほとんどが即死でした)、士官12名と下士官兵60名、それに従軍牧師が負傷しました

負傷者には師団長の公爵ヴィルヘルム・ツー・メクレンブルク親王*と公の直ぐ側にいた参謀フォン・シェーンフェルス少佐も含まれていました

また、槍騎兵第3連隊長の伯爵フォン・デア・グリューベン大佐も頭部に軽傷を負っています(市民の死傷は不明ですが普仏将兵より多かったものと想像されます)