パチンコ 浜田山

パチンコ 浜田山

知らないけど……元気な姿に、いつも通りの姿に私の心はすごく弾んでいた

アギトなんて関係無く、エルゥがいるからかもしれないけど

「……すんすん……そういえばさっきからなんかすっごいいい匂いが…………あーっ! ちょっ…………これ……ミラ、お前……っ」「っ

あなたも好きかも:小田原 パチンコ 火事
ど、どうしたのよ……?」 アギトは今更になって……本当に今更になって大量に作られてしまった料理に気付いた

本当にこんな量を作る予定じゃなかったのに……食べるけど

ゴクリと生唾を飲んで、じりじりと歩み寄って来て

あれ……? え……? も、もしかしてマーリン様の言ってた胃袋を掴むってやつを……? 鍋の方からそのキラキラした目をこっちに向けて、アギトはお腹を抑えながら詰め寄って来——「——お前——っ! お前これ全部一人で食べるつもりだっただろ——っ! だ、だめだぞお前! どうせマーリンさんに作って貰ったんだろ、すぐにわがままばっかり言って! ご飯はみんなで食べるって約束しただろ! っていうかマジで独り占めやめろ! 俺も食べたい!」 ああ、うん

どうしてだろう、こんなにもイキイキした顔をしているのに……嬉しそうにしているのに…………このバカアギトを今すぐに蹴っ飛ばしたい

あなたも好きかも:ラブ嬢 スロット ステージ
いや……むしろこれが正常…………そんなわけもない

あなたも好きかも:パチスロ 2ちゃん まとめ
だって私もエプロンをしてるのに

アギトの後ろにいたエルゥは信じられないと言った表情でアギトの背中を睨んでいた

背後からはマーリン様の大きなため息も聞こえる

や、やっぱりこれは普通の反応じゃない……けど……「…………はあ

このバカアギト、今から呼びに行くところだったのよ

ほら、お皿運んで

鍋には触らないこと、アンタすぐにドジするんだから

折角作ってくださったのに台無しにされたんじゃたまったもんじゃないわ」「な、なんだと! ぐ……で、でも否定出来ないか…………ぐぐ……」 普通じゃないけど……そうだ