スタックド

スタックド

「入らないのー!?」獣たちに囲まれて、ナンスナーが不思議な顔をして温泉の中からこちらを眺めてくる

メイリンはサッとナンスナーの脱ぎ捨てた服をかき集めて温泉に近づいて、ナンスナーを抱え上げてタオルを巻いて連れてきた

「どしたの?」不思議な顔をするナンスナーを連れて獣たちや有象無象が気持ち良さそうに温泉に浸かっている岩場を歩いていく

あなたも好きかも:スロット ギルティクラウン 打ち方
五分ほど歩くと、少し上の岩場に、誰も入っていない温泉がようやく見つかった

周囲をちょうど良い高さの岩が遮っていて、入りやすそうである

「あそこにしましょう」メイリンが指し示して、全員で同意して岩場を上りとりあえずナンスナーを先に温泉へと入れて三人で無言で見詰め合って、どうやって服を脱ぐかというせめぎあいをした挙句に俺が少し、離れて、その間に先にメイリンとトシフミが服を脱いで温泉に浸かることになった

俺は二人が脱衣する間、目を逸らすついでにこの高所からよく見える、異様な温泉地帯の全景を眺める

あなたも好きかも:天草降臨 スロット
猿……熊、狼に、あれは野犬だな

猫も居る

有象無象は鬼のような一本角が生えている二メートルくらいの肌が黒い人型や、紫の身体が半分霧がかかっているような幽鬼に似た者などが居る

とくに争う様子は無く、獣も有象無象も、大人しく温泉に浸かっている様だ

あなたも好きかも:アミューズメント スロット 設定
眺めていると「お前ら、おれの専用湯に入るとはいい度胸だな!!」後ろから声をかけられた

振り向くと、豊富黒髪を逆立てて、バンダナを頭に巻き猟師が着る様な、皮の服を派手に見に纏った若い男が立っていた

また、アクの強そうな新キャラかよ……もういいよ……

美射も見てるなら、こいつと俺らが会うのを因果律操作して止めろよ

ウンザリした顔をしていると「なんだなんだ!?舐めてんのか!?」男が懐からナイフを取り出したので、瞬時にはたきおとして奪い取る

それをため息を吐きながら眺めて「ふーん……錆びてるな……お前、人切った事ないだろ?」観察した限り、力量は人並みである