花火 スロット たーまやーランプ

花火 スロット たーまやーランプ

周りは水に満ちていた

あなたも好きかも:sim スロット 修理
廃墟と化した遊園地の一角で、康太は座り込んでいた

空からは雨が降り康太の体を、排水能力を超えた水が康太の足をそれぞれ濡らしている

そして康太が抱えているのは人形でも少女でもなくなっていた

大きな体だ

自分と何度も訓練をした屈強な体

何度となく自分を倒してきた腕だ

数えきれないほど自分を蹴ってきた足だ

何度となく自分の腕を取り、立ち上がらせてきた手だ

あなたも好きかも:c2 スロット 設定
見間違えるはずがない

見間違えようがない

目の前にあるその姿に、康太は先ほどまで自分が何をしていたのかを、何が起きていたのかをゆっくりと思い出し始める

その体を揺らすが、その体はもう動かなかった