しのけん スロット

しのけん スロット

リコさんや食堂のおばさんがいうように、やられかねない

―――ゲコっ」本当のカエルの声には、幸い誰も気がつかなかったが、リコもライもほんの少しだけ肝が冷えたのと同時に、金色のカエルは姿を消した

「ちょっと危なかったわね」リコはメモ帳をしまいながら一息ついた

あなたも好きかも:ブログ スロット
「カエル苦手な女の人が多いから、仕方ないにゃ~」ライは先程まで金色のカエルを隠すために使っていた、食堂のメニューを元の位置に戻す

リコはメモをとるために遅れていた食事を、急ぎながらも行儀良く食べてしまった

あなたも好きかも:ホロウリアリゼーション 装備 スロット
「にゃ~、お昼はリコにゃんがゆっくり食べれるように、調べ物ワチシもいっぱい手伝うにゃ~」リコがメモをとっている間に、食事を終えてしまっていたライが申し訳なさそうに言う

そういった事を気にするリコではないと分かってはいるが、ライは言葉をしっかりかける

「ありがとうね、ライちゃん

じゃあ部屋に戻って、早速登城する支度をしましょうか」リコが涼やかに微笑んで、トレイを持って立ち上がった

時間は遡り、ウサギの賢者が使い魔である金色のカエルをリコ達に飛ばす前

早朝の旅先の宿場で、ウサギの賢者は多少の息苦しさから目を覚ました

「リリィの寝相は"母親"似か」円らな目を開けてみれば、リリィからギュウギュウに抱き締められている

(夜、寝入る時には単に枕を並べているだけだったはずなのだけどな)「――賢者殿――大丈夫ですか?」どうやらアルスも目が覚めたらしく、リリィの目を覚まさないように小声で隣のベッドから、締め上げられている上司に語りかけてくる

あなたも好きかも:モンハン ワールド スロット 完走
「正直、少し苦しいかな?」スウスウというリリィの健やかな寝息をモフモフのおでこで受け止めながら、ウサギの賢者は呟く

そんなこんなで、賢者と護衛の少年は、すっかり目が覚めてしまって静かに起き上がり、ベッドの横にある時計を見る

「いつもより、随分と起きる時間としては早いですね」跪いて、ゆっくりリリィとウサギの賢者が寝ているベッドに来た

「リリィは初旅で疲れたから、まだぐっすり寝てますね」幼い妹を眺めるような感じで、アルスは穏やかな笑みを浮かべる