2人 オンラインゲーム

2人 オンラインゲーム

否が応にも突きつけられる現実にどうすればいいのかわからなくなってしまっているのである

いや、どうするべきなのかはわかっている

やらなければいけないことも把握しているし理解もしている

あなたも好きかも:山下 パチンコ
だがそれを自分の口から言わなければいけないというのが憂鬱でしょうがなかった

両親がすでに死んでいるという事実を神加に伝えなければいけないということを

「憂鬱に思ったっていつかは伝えなきゃいけないでしょうよ・・・特に今後の生活が直接かかわってくるんだからさ」「そうだけどさ・・・あんな状態の神加に伝えられるはずないじゃんか・・・良くも悪くも今の神加はだいぶ不安定だし」不安定な状態だからこそ神加はこの状況に疑問を感じず、両親に会いたいという泣き言も言わずに魔術の修業をしている

彼女を魔術師にしなければいけない小百合の思惑からすれば彼女の状態はむしろ好都合だったのだ

だが不安定だからこその懸念も残る

あなたも好きかも:ゲーム機 黄ばみ 除去
あの歳の少女が巻き込まれたものは精神を完全に破壊されても不思議ではないような事象だったのだ

いつあれ以上にひどくなるかもわからない

あなたも好きかも:スロット 主婦
もちろん精神状態が徐々に回復していくということも十分に考えられる

だがこのままの不安定な状態のままならば、康太は両親のことに関して彼女に何かを言うということはできないだろう

とはいえいつまでも放置しているわけにはいかない

これから新しい生活を始める時点で必ず告げなければいけない日は来る

もし神加が自分から両親のことを聞いてきたら、その時は自分の口から言わなければいけないだろう

守ることだけが優しさではないのだ

しっかりと伝えるべきことを伝えなければ彼女にとってもよくない

「まぁ、結果が出るのは最短でも二、三週間かかるって言ってたし・・・それまでに神加ちゃんの容体が落ち着くのを待ったら?それで少しでもまともになったらその時は話せばいいじゃない」「・・・そうかもしれないけどさ・・・なんかこううまいこと事が運ばないかな・・・実は生きてましたとかさ・・・」「そうなったらもちろん最高だけどね・・・あんたがいったんじゃない、可能性低そうだって」「いやあの状況じゃ誰だってそう思うだろ・・・」「まぁ私もそう思うけどさ・・・」今まで調べた状況を見る限り、神加の両親が生きている可能性は限りなく低い

退職届なども出させてから失踪しているところを見ると魔術師グループに一緒に誘拐させたか、あるいは神加だけ誘拐してそのあとは殺したか