羽生 パチンコ

羽生 パチンコ

錠開けは彼女の得意技のひとつだったが、それにしてもあっけなかった

元々この牢舎が作られたのが古く、錠前の作りが簡素だったのかもしれない

(でも、こいつらがずっと見張ってたら開ける事もできなかったな…運がよかった) 素早く牢から走り出し、階段を登る

1階も牢になっていたが…気配を伺うと、牢に入っている人間は皆寝入っている様子だった

見張りの兵もいない

 その事が分かると、躊躇う事なく走り出す

素早く――しかし、静かに

 人の気配がする方向を避けながら出口へ向かい、建物の外へと飛び出した

あなたも好きかも:パチンコ 出玉 スピード
(ここは…城館《キープ》の南の建物…?) 実際にその中に入った事はなかったが、外観は見知っていた

あなたも好きかも:浪速区 パチンコ バイト
(よし…!) ひょっとしたら遠くまで運ばれたのかと思っていたが、城館《キープ》の南ならば巨大要塞《フルングニル》のほぼ中央部だ

あなたも好きかも:カイジ 沼 スロット 設置店
ここならば…彼女は、今日中に『目的地』に辿り着く事ができるはずだった

剣に愛され、人に疎まれた

 刃のような危うさと美しさを兼ね備える

 汚し難く、侵し難く、堕(おと)し難い

 ひらひらと蝶 のように舞う

 まるで精霊のようだと

 戦場で踊るその姿に誰かがそう言った

 儚(はかな)く、流麗で、剣呑さを孕む奇妙な美で、人の耳目(じもく)を引く