composite ver ka ラン スロット アルビオン

composite ver ka ラン スロット アルビオン

あなたも好きかも:カジノ 横浜 場所
 そのことは、母親であるシルヴィアとも話をしているほどだった

あなたも好きかも:パチンコ 祝日 回収
「本人の了承が取れればいいのね?」「後は、シルヴィアの許可も必要だと思うけど、どうなんだろう? そもそもシルヴィアが拒否するとは思えないけどね」 巫女であるシルヴィアが、神々からの加護を拒否するとは思えない

 ただし、それは自分のことだけであって、子供にたいしては別のことを考えるかもしれないのだ

「まあ、神力に対応するためだと言えば、断るとは思えないけどね」「わかりました

それについては私が話を通しておきましょう」「それはいいんだけど、神としての意思を押し付けないでね?」「当然です」 シルヴィアには、エリスの加護が付いている

 そのエリスがごり押しをすれば、シルヴィアも断ることが難しくなるだろう

 シルヴィアに加護を与えているのがエリスなので、そうした心配をする必要はないのだが、ココロの親としては念を押しておいた

「それで、加護を付ける神についてだけど・・・・・・」 いよいよ本題の話に入り、場の緊張が高まった

 考助はその空気を感じつつ軽く肩をすくめた

あなたも好きかも:恋姫夢想 パチンコ 俺の嫁
「それこそ僕が口を出す話ではないよ

さっき言った通り本人が選ぶべき問題だし」「そう?」「そうだよ

あ、だからと言って、大勢で一気に神託するとかは無しでね」 釘を刺しておかないと起こりそうな現実に、考助は念を押しておいた

「いくらなんでもそこまで非常識なことはしないわよ」 言うなれば、子供相手に大勢の大人が寄ってたかって話しかけるような状態になってしまう

 いくらなんでもそのようなことをすれば、加護付与自体を本人から拒否される恐れがある

 そんな愚を起こすつもりは、どの女神達にもない

「多分、最初に五柱程選んで、その中で選ばれなければさらに選ぶという形になると思います」「そう

それならいいんじゃないかな?」 思いつく限りでは一番無難な方法に、考助も同意するのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 結局シルヴィアの許可を取った上で、ココロには新たに加護を付けることになった

 考助の言葉通り、成長と共に増える神力の話をすると、すぐにシルヴィアも許可を出したのだ