パチンコ 丹下左膳 出玉

パチンコ 丹下左膳 出玉

 いつもは側仕えが開けてくれるドアが閉まっていて、少し戸惑う

 バーンと開けちゃってもいいかな? 誰かがいたら危ないから、軽くノックした方が良いかな? もしかしたら、中に声をかけて開けてくれるのを待った方が良いのかも? 側仕えを呼ぼうにも、ベルを持ち歩いているわけではないし、大声を上げて呼ぶのははしたないと怒られたし、どうするのが正解だろうか

お貴族様らしい行動がわからず、しばらく考えてみたが、自分の部屋に入るだけで、悩むのがバカバカしくなって、軽くノックしてドアを開けることにした

 ……どうせ怒るような人はいないし、後でフランに正解を聞いてみようっと

 コンコンとノックして、「開けますよ」と声をかける

あなたも好きかも:ゴッド パチンコ 潜伏 何回転まで
ドアノブに手をかけて開ければ、慌てた様子でフランが早足に階段を下りてくるのが見えた

「おはようございます、フラン

心配をかけましたね

あなたも好きかも:東京 永山 パチンコ
熱も下がったし、もう大丈夫ですわ」 非常に困り果てた顔のフランが一度ちらりと二階の方へと視線を向けて、声を潜める

「マイン様、実は……」「側仕えも連れずに淑女が一人で歩くとは何事だ?」「へ!? 神官長!?」 まさか自分の部屋で神官長の姿を見ることになるとは、全く考えていなかったわたしは、ぽかーんとしたまま、二階から見下ろしてくる神官長を見上げた

「口を閉じなさい

みっともない

あなたも好きかも:千葉県 パチンコ ファン感謝デー
……それより、外ではどうか知らぬが、神殿の中を一人で歩くような品位に欠ける真似は決してしないように」 フランに促されて二階へと向かい、神官長を差し向かいで優雅にお茶を飲みながら、くどくどと続くお小言をおとなしく聞いた

 神官長のお小言によると、貴族らしいドアの開け方の正解は「必ず先触れを出し、門で側仕えを待たせる」もしくは、「門番に到着を告げ、待合室で側仕えが来るのを待つ」だった

 ……わたしにはちょっと難しかったね