春夏秋冬 パチンコ 曲

春夏秋冬 パチンコ 曲

あなたも好きかも:町屋 パチンコ ニュートーキョー
「そういや、土産がある」「土産」「これだな」「簪?」「依頼でえらく名の売れた銀細工師の護衛をしてな

あなたも好きかも:パチンコ sm
その折に、余り物だがと貰ったもんだよ」「へえ」 ヴィータは掌にそれを受け取る

 面前に持ち上げて眺め回した

 ダンスカー家から贈られる華々しい物に比べれば慎ましい意匠だが、質素ではなく主張を控えているからこそ美しく見える技巧を施した痕跡が見受けられる

 タガネとしては、たしかに使い途が無い

「何で簪?」「そのとき持ち合わせがそれしかないとさ」「ふうん、でオレに渡したのは?」「俺には使い用が無いし、細工師には身近な女にでも贈ればいいと言われたんでな

おまえさん髪が伸びてきてるのを思い出したから」「…………」「なんだい?」「いや、別に」 身近な女性

 どこか面映い気持ちになる表現だった

 ヴィータはさっそく髪をまとめて、簪を刺す

 本来なら畏まった場でこそ付ける物だが、ふと衝動的に今付けたいと心の奥底から欲求があふれた

 簪をつけて

 小首を傾げながらタガネに披露する

「どうだ?」「悪くないな、淑女殿には」「馬鹿にしてるだろ」「くくく」 ヴィータは嘆息したが、自然と笑みがこぼれた

あなたも好きかも:スロット 認定申請
「ありがとう、タガネ」「…………」「なんだよ」「いや、おまえさん素直に礼が言えたとはな」「…………うるさい」 タガネに茶化されてヴィータは睨んだ

 その日