平間 パチンコ イベント

平間 パチンコ イベント

カツカツと大股で足早にベンノが歩くと、お姫様抱っこをされて仰け反った状態のわたしの頭がガックンガックンと揺れる

脳味噌が掻き回される感じがするので、もうちょっと揺れないように歩いて欲しい

 そんなことを考えていると、後ろの方から慌てた様子で駆けてくる足音が追いかけてきた

「ベンノ様、お待ちください!」 フランの声だ

あなたも好きかも:パチスロ 仕事人
ガクンと仰け反った視界にフランの胸元から顎が映った

フランがベンノの半歩後ろについて歩きながらもう一度呼びかける

「ベンノ様」「何だ? 見ての通り、俺は急いでいる」 足を止めようともせずに、ベンノは丁寧さの欠片もない素の状態で言葉を返した

あなたも好きかも:福井 スロット 優良店
そのぶっきらぼうな態度に一瞬怯んだフランだったが、グッと息を吸い込んで食い下がる

「マイン様を運ばせてください」「急いでいる

却下だ」「お客様に運ばせるわけにはまいりません

あなたも好きかも:パチンコ 竜光 宮竹 閉店
私がマイン様の側仕えです」 ベンノ相手に引こうとしないフランの言葉に、わたしは内心ハラハラしていたが、ベンノは突然足を止めた

「力が入っていないヤツは小さくても重いぞ

絶対に落とすな」「存じております」 その場にゆっくりと膝をついたベンノがわたしをフランに渡す

 フランはわたしの頭の位置や腕の位置を微調整して、立ち上がった