戦国恋姫パチンコ

戦国恋姫パチンコ

 RPGでも魔法使いと僧侶は別の職業となっていますよね

単に「魔法」という言葉に縛られるのではなく、どのような力を用いてそれが行なわれているのか

その設定をしておくのも「ファンタジー」では必要なことなのです

 テクノロジーは基本的に電気と機械によって発達してきました

あなたも好きかも:パチンコ 禁煙 千葉
だからSF小説には派手な機械がよく出てきます

 アンドロイドやロボット、パワードスーツなどはかなり古いSF小説で登場していますが、現在それが実現しつつあります

現にパワードスーツは医療分野での活用が模索されている段階です

 だからといってテクノロジーを単に「電気と機械」によるものだと決めつけるのもあまり面白くはありません

 魔法で出てきた「万能なるマナ」が動力源かもしれませんし、機械ではなく魔術的な道具のようなものかもしれません

そういった新しい発想がこれからの小説には求められています

あなたも好きかも:オンラインカジノ マーチンゲール法
「魔法が発達している社会で外宇宙へ進出する」なんていう設定は、文字列を見るだけでワクワクしてきませんか

 私は外宇宙ではどうやって魔力を確保するのかなど、空想するだけで楽しくて仕方ありません

あなたも好きかも:スロット 動画 実践
時間を見つけて小説にしたいくらいです

 光が魔力の源とするなら、ホワイトホール近辺は大規模な植民が行なわれているのではないでしょうか

 またどのくらいの光があれば宇宙船を安定して運用できるのか

その境界線というのも設定してみたくなります

 魔法とテクノロジーは昔から相容れないものとされてきました

これはファンタジー小説とSF小説が別ジャンルとして確立してきたからともいえます