ジョジョss カジノ

ジョジョss カジノ

これは、そう、孤児達に食わせてやれば良かろう」「わぁい! ジル様、ありがとうございます!」「ジル様、すごいです! また森にご一緒させてくださいませ」 普段、それほど肉が多くは当たらない子供達は、大量の肉が手に入って大喜びだ

食欲でキラキラに輝いた目で、ジルヴェスターを称賛する

「……あの、ジル様とは?」 子供達があまりにも自然に口にしているが、その呼び方は不敬ではないのか

わたしは恐る恐るジルヴェスターに尋ねた

「あぁ、ジルヴェスターが言いにくそうだったのでな

あなたも好きかも:パチンコ換金禁止
言いやすくした

だが、お前は呼ぶなよ」「どうしてですか?」 わたしが首を傾げると、ジルヴェスターはわたしをからかうように見下ろして、フンと鼻を鳴らした

「孤児院の子供とは私がここに赴く以外で会うことはないが、お前は祈念式のように余所で会うだろう

お前のような粗忽者はその時に呼び間違えそうだからだ」 付き合いの浅いジルヴェスターにまで、粗忽者扱いされるとは心外だったが、間違いではない

あなたも好きかも:タイガーマスク パチンコ ゆうタイム
わたしはやや項垂れながら同意するしかなかった

「その通りですね」 わたしの同意に笑いながら、ジルヴェスターが頬を突く

「今日は久し振りに楽しかった

マイン、礼にこれをやろう」 グッと握った拳をジルヴェスターがわたしの目の前に突きだした