マリオrpg カジノ

マリオrpg カジノ

ぶつかったところで〝個人〟に限定されるのが、基本だ

あくまでも基本な

けどまあ、争わずに済まそうってのが、組織の始まりだからな」「おいチィマ、そりゃ俺らみたいな〝旅人〟は、良い鴨ってことじゃね?」「その通りだよ、サクヤさん

あなたも好きかも:パチンコ 簡単に勝てる
でだ、厄介なのはそこじゃない

そういう生活を常としてる連中は、あーそうだな、俺くらいの〝見(ケン)〟は全員持っていると思ってくれ」「全員かよ」「だいたいな

で――そういう連中から見て、ギィールさんやサラサ姉ちゃんがどう映る?」「俺に聞くのかよ

けどまあ、厄介だとは思うよな

ギィールもサラサも前衛だ、戦闘ができる

あなたも好きかも:せんげん台 パチンコ 閉店
つまり、横から盗まれるとか、殴って奪われるとか、そういうのはまずない……んじゃないか?」「その通り

で、あそこの連中はその時点でこう考えるわけだ」 かつては、幼いチィマもそうだったのだけれど

「だったらどうすれば〝奪える〟んだ?」 そんな大前提で、思考を巡らす

「苦手としている、弱い部分を、連中は〝的確〟に突く

自覚してない部分でもな

そういう意味で連中は手段を択ばない

肯定しないと決めていても、その方向が既に間違ってる

だから〝上手く〟付き合ってやるのが、まあ、対応手段なんだけどな」「上手く、ですか」「こればっかは慣れるしかないよ、ギィールさん

だからこそ、カイドウさんたちも止めてたんだ」「……チィ、ちゃんと話してくれる?」「ん、そのつもり」 だが、やはり記憶は曖昧な部分も多くて

「俺に親がいたかどうかは、定かじゃない

ただ物心ついた時から、こいつを羽織ったクソ野郎の傍にいたのは確かだ」 親指で、背中の紋様を示す