スロット ようつべ

スロット ようつべ

風説、俗説、それは噂程度のものでしかないのにも関わらず、その輪郭は明瞭だ

――曰く、人が至るには条件が厳し過ぎる、と」「んー」 そうだろうか

 確かに条件は厳しいかもしれないが、むしろそれは――適性云云よりも

「どちらかと言えば、捨てるものが多すぎる、かな」「ほう……その見解の意図はなんだ?」「人が人であるために必要なものって、そう簡単にはわからない

なんだろ、化け物なんて言われてる連中はさ、自分が自分であるために必要なもの以外を、自分であるためっていう目的のために、あっさり捨てられたりするんだよね」「……? 自分であるために、捨てる?」「そう

言葉にするのは難しいんだけど、一点特化――だろうけど、その一点っていうのがそもそも、大きすぎるっていうか

重すぎる制約を背負うことを代償にして、何かを得るというか……うーむ」「あ、いや、すまない

あなたも好きかも:ゲッターマウス スロット 打ち方
考え込ませるために問うたわけではないのだ」「ああうん、私もそういうの考えるのは面倒だから、あんまりしないんだよね

あなたも好きかも:パンダズ・ラン
けど――考えてみれば、似てるのかも」「似ている?」「うん

あなたも好きかも:タイガース パチンコ 堺
私みたいに、海に出られればそれで良いってことと、同じ? 海に出るために努力は惜しまない――海に出ても、勉強は終わらない

そんな感じ」「ふむ、なるほど……いや参考になる見解だ、ありがとう」「いえいえ」 ただ、前提条件ってのも、確実にあるんだろうけど

「ただまあ、連中にしたって海は初見みたいなとこ、あるけどね」「そう――なのか?」「あの人たちは〝海〟なんて、障害物くらいなものだから

陸地から陸地へ移動できるのに、海を渡る必要なんてないもん

で、厄介なことに、だから〝海は知らない〟なんてことは、ぜんぜんないってこと

知識があろうがなかろうが、即応してくる」 というか

「なんでそんな連中が私の船に乗るんだろう……」「いや、私にそう言われても困るが、推察するにそれは、貴君が海賊と遭遇するのと似たようなものではないのか?」 あ、それだ