株式会社 ゼンリン パチンコ

株式会社 ゼンリン パチンコ

振るわれるのは剣、闘技会であるがゆえに相手を殺さないようにはしているが別に怪我をさせてはいけないわけではない

致命傷にならない部位を狙ったり、多少の大怪我は普通に起こり得る

多少の怪我であれば……よほど厳しいものでなければ本人に対する苦痛などがあり得るが治療できる可能性は高い

なので腕を切り落とすとか致命的な血管のある位置を狙うとかはあまりよろしくないがそうでなければ大体は行われる

あなたも好きかも:スロット 遊べるサイト
もっともそれは一般的な良心的な人物であれば

相手のことなど考えないというような相手もいるし、闘技会においては殺しても失格にはなるが事故扱いになるという事実から殺人を目的とするものもいる

そのあたりの振るいは多少はしてくれるのだが残念ながら完全に弾くことはできずたまにそういう輩が出ることもある

もちろんそういった存在がいた場合その素行からおおよそ殺人願望などの危険な思考があるなどの評価をし今後の冒険者活動に影響してくることになる

被害者に対して何か行動を起こしたりはしないのかといえば、冒険者であるが故の自己責任もあるしこの程度の問題を自力で解決できなければそれはそれで冒険者としてどうなのか、闘技会に出られるほどの実力者なのに死なないようにできないのか、という問題にもなってくる

なのでそういった部分はあまり気にされない

あなたも好きかも:スロット 当たり やすい 台
冒険者であるがゆえに最終的には自己責任である、なにもかも

 闘技会においては基本的にいきなり技を使うということは少なく、己の技術を見せつける……剣の技、戦いの腕、己の身体能力に戦闘経験からの戦いの実力、その他いろいろと見せられるものがある

あなたも好きかも:プレミオ パチンコ 会社
技もそうだが己の技術を見せるということは己の実力を誇示できるのと同時に己の持つ能力を見せる……つまりは対策を打つことを可能とするものとなってしまうということになる

ゆえに見せるべき技術は最小限に、技を使わず己の肉体とその技術というのが主になる

とはいえ、相手の実力次第では技を見せることもあるしある程度知られた実力者となってくると既に技について知られていることもある

Bランクの冒険者ともなればその技もある程度知られているため普通に使ってくることもある

 今回はCランク程度の冒険者同士……片方はセージである

もう一方は名も知らぬどこかの冒険者、同じくらいの実力者……特にどちらかが単独でCランクを取れる実力者というわけでもない

とはいえ恐らくだが相手方は技を持っていない